自分に自信をもつ

【書籍感想】文章力の基本(著:阿部紘久)|文章を書くことが苦手な人におすすめ

【書籍感想】文章力の基本(著:阿部紘久)|文章を書くことが苦手な人におすすめ

ブログを運営していく上で「文章力」は大事なスキルです。

しかし私は昔から文章を書くことに苦手意識があります。

komako
komako
国語は教科の中で一番苦手。。それなのに文章スキルが必要なブログを運営をしている不思議なやつです。

本記事では、そんな私が文章力をつけるために読んだ書籍をご紹介します。

『簡単だけど、だれも教えてくれない77のテクニック 文章力の基本(著:阿部紘久)』

こんな人におすすめです

  • 文章を書くことに苦手意識がある人
  • これから文章と向き合っていきたいと思う人

書籍内容をざっくり紹介

文章には様々な種類があります。企画書・報告書・ビジネスレター・プレゼンテーション・そしてブログなど。

これらすべてに対する「文章の土台部分」となる77のテクニックをこの本で明らかにしています。

書籍感想

良かったポイント

内容に入る前に本の構成について。

良かった点(構成について)

  • 項目ごとに原文(悪い文章)と改善(良い文章)がついているのでわかりやすい
  • 章の最後に必ずまとめがあり親切
  • 章と章の間にあるコラムも面白い

文章力がテーマなだけあって、本の構成はとても理解しやすいものでした。

また、面白かったのが章と章の間にあるコラム。

コラムの1つに「書くのが遅いという反省について」というものがありました。

このコラムでは多くの人が「書くことが遅い」と悩んでいて、それに対する阿部氏の意見が書かれていました。

私も「書くスピードが遅い」と悩んでいる一人。

阿部氏のテーマセンス思わずに嬉しくなりました。

komako
komako
そうそう、そうなのよ!と鼻息が荒くなった私(笑)内容も前向きになれるものでした。

続いて内容について。

テクニックとしてビックリするような手法はありませんでしが、しっかり基本を整理していくような内容で、納得できるものが多かったです。

例えば、テクニックの1つに「少し抑えた表現の方が相手の共感を得やすい」というものがありました。

具体例を1つ挙げると

▶︎眠くて仕方がないときに5分でも眠ると、意外なくらいシャキッとして効率があがったという経験は、誰しもあると思います。

▶︎眠くて仕方ない時に5分でも眠ると、意外なくらいシャキッとすることがあります。

【引用】文章力の基本p170より

2つとも内容はほぼ同じですが、上の方は少しわざとらしく感じませんか?

強調をしすぎるとかえってわざとらしく感じるのです。

このように、あっさりした表現の方が読者の共感が得やすいとこの本で紹介されていました。

komako
komako
私もブログを書いていて「本当に」とか「間違いないです」など、文章の強調を入れがちなので反省です。

こういった「確かに!」と納得できるテクニックがこの本には書かれていました。

悪かったポイント

悪かった点

  • 読んだからといって文章力はすぐつかない
  • 日本語の基礎の話もあるので人によっては退屈な内容もある

当たり前ですが、読んですぐに文章力がつくものではありません。文章力をつけるためにはこの本を繰り返し読んで意識する必要があると感じました。

komako
komako
読んで書いてた経験が文章力につながります。

またこの書籍の前2章はテクニックというよりかは日本語の基礎の話でした。

例えば、助詞の「てにをは」や自動詞・他動詞など、小学生の国語レベルまで掘り下げています。

私は改めて知れて良かったですが、「こんな当たり前なことを今更」と思う人もいると感じました。

まとめ

私はこの本をたまたま書店で見つけて購入しました。偶然の出会いでしたが出会えて良かったと思っています。

「文章力をあげたい!」と思いこの本を手に取りましたが、文章力の基本を知れただけでなく、文章を書くことに対しても前向きにもなれました。

著者の阿部氏は文章指導を長年しています。

書くことが苦手な人をたくさん見てきたからこそ、書くことが苦手な人の気持ちに寄り添った内容になっていると思いました。

小さい頃から文章を書くことに苦手意識がある私。

「文章を書くセンスがない」と思っていましたが、文章力はセンスだけではないということ、そして書くことの楽しさをこの本を通して改めて思いました。

  • 文章を書くことに苦手意識がある人
  • これから文章と向き合っていきたい人

そんな人におすすめしたい書籍です。

ABOUT ME
komako
子なしアラサー主婦komakoです。劣等感を感じる自分を変えたい!「自分に自信をもつ」「暮らしを楽しむ」をテーマにブログを運営中。同じ気持ちの女性に寄り添えるブログを目指しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です